• サービス概要
  • 導入の流れ
  • 充実したサービス
  • ご利用例
  • よくある質問
JCSネットは貴社にかわって貴社のお客さまの口座から代金を安全・確実に集金し貴社の口座に入金します。
日本全国の金融機関と提携しており(※一部除く)、貴社のお客さまはご利用中の口座をそのままご指定いただけます。
簡単な手続きで集金業務の手間が合理化できます!

JCSネットの仕組み

貴社のお客さまに預金口座振替依頼書をご記入いただき、記入済みの依頼書を回収して十六コンピュータサービス(以下JCS)へご提出ください。
(代金回収がスタートできます。)
①口座振替請求データの送信(貴社→JCS)
貴社で請求データを作成して、JCSへご送付ください。
※オフィスや自宅のパソコンを使ってインターネット経由で送信していただけます。
※簡単に請求データを作成できるソフト「JCSネットおまかせくん」をご用意しております。
②口座振替依頼(JCS→金融機関)
JCSは、貴社のお客さまがご指定された金融機関へ口座振替を依頼します。
③口座から引き落とし
指定金融機関にて貴社のお客さまの口座から代金の引き落としを行います。
④口座振替結果・資金
JCSは口座振替の結果と資金のとりまとめを行います。
⑤口座振替結果・入金(JCS→貴社)
貴社に口座振替の結果を連絡するとともに、ご指定口座へ資金を入金いたします。
※オフィスや自宅のパソコンで口座振替の結果データをダウンロードして確認いただけます。

口座振替サービス導入のメリット

コスト削減!
集金に要する時間・人・手間を解消し、コスト削減を図ることができます。
回収率が高い
●貴社のお客さまがご利用中の口座から引き落としを行いますので、
支払い忘れを防止でき、回収率のアップが期待できます。

●引き落とし日が毎月12日または27日
(※該当日が金融機関の休業日の場合は次営業日)なので
貴社のお客さまも支払いを予定しやすいメリットがあります!
集金結果が一目瞭然!
集金結果が一目でわかり、管理が簡単です!
全国の金融機関が使える
全国の金融機関からの預金口座振替が可能となります。
※一部利用できない金融機関がございます。
事務負担の軽減
システム化により請求から資金回収まで事務の効率化が図ることができます。

ご利用の種類・利用可能な金融機関

種類 ご利用可能な金融機関
クイック型 東海地方の金融機関(地方銀行、信用金庫、労働金庫、農業協同組合、信用組合)、近隣の地方銀行、都市銀行、全国のゆうちょ銀行 など
詳しくはこちらをご確認ください。
ワイド型 国内の金融機関(地方銀行、信用金庫、労働金庫、信用組合、農業協同組合、漁業協同組合)、都市銀行、ネット銀行
※一部利用できない金融機関がございます

ご利用の流れ